Creative future

保守点検サービス

10年後に発電維持効率で差が付く保守点検

保守点検を行う目的

全量買取制度が開始後、太陽光発電システムは全国各地で多くの設置導入が進められております。しかしながら、設置するまでに多くの検討時間を要しながら、設置後の維持管理の仕方についてはあまり議論されていないのが現状です。
 
一般的に機器は長期間使用する間に部品が摩耗・消耗し、劣化して故障したり、安全性が損なわれたりすることもあります。太陽光発電システムも同様であり、設置後から売電期間20年の「発電」維持管理をいかに確実に行えるかが重要となります。
 


事後保全と予防保全

事後保全

事後保全は突発的な対応が多く、駆けつける時間や部品の手配、設備の復旧作業等によって設備の停止時間が長くなります。また、周辺設備にまで影響を与えることもあり、想定外の多額な支出が発生することもあります。

事後保全

事後保全はトラブル発生後の受動的な管理のため必要な予算の管理が難しく、太陽光発電システムのような収益が限られている事業では現実的な対応ではありません。


予防保全をメインに計画的な対策を行うことが、コスト面で有益な選択となります。

予防保全

予防保全は、過去のトラブルの原因を分析し、正しい方法や機器の改良によってトラブル発生率を低下させ、修理や劣化、メンテナンスコストの軽減を図ります。

予防保全

予防保全に定期保全を組み合わせることで、異常個所の早期発見やトラブルの発生を予防します。


事前に異常の早期発見を行うことで、トラブル時の即時対応が可能となります。

保守点検サービス内容

産業用低圧太陽光発電に関する保守点検サービスは、PVNAVI(保守点検現場監視支援ツール)を主とした下記の内容となります。

点検内容

太陽光イメージ

O&Mパンフレット

保守点検に関する資料ダウンロードはこちら


O&Mサービス資料は下記よりダウンロードください。
LinkIconinspection_menu.pdf

O&Mサービスパンフレット

お見積りをご希望のさいには、発電設備の規模と場所をご確認の上弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ

PVNAVIPVNAVI
SUNUPシリーズSUNUPシリーズ
保守点検サービス保守点検サービス
PV-70PV-70
GC3100SOGC3100SO
ALSOKALSOK